ブログ|広島市、安佐北区で小児科・内科をお探しの方は、木ノ原内科小児科医院まで

広島市、安佐北区・木ノ原内科小児科医院・電話

082-845-2232

木曜、土曜午後休診 日曜、祝日終日休診

診療時間
9:00~12:30 ● ● ● ● ● ●
15:00~18:00 ● ● ● ●

ブログBlog

ブログ

風しんの抗体検査及び予防接種について

2019.04.10(水)

1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性の皆様

風しんの感染を拡大させる可能性があります。

風しんから、あなた自身と周りの人を守るために
風しんに対する抵抗力を確認・獲得しましょう
1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性の方は、風しんの抗体検査及び予防接種が

原則無料となります。

Q:なぜ風しんへの抵抗力が必要なの?

A・成人は小児に比べて症状が重くなることがあります。

Q:風しんに感染すると何が問題なの?

A・電車や職場など人が集まる場所で、
多くの人に感染させる可能性があります。
・妊娠早期の妊婦に風しんを感染させると、
赤ちゃんが先天性風しん症候群になる可能性があります。

Q:では、どうしたら良いの?

A・まずは、風しんへの抵抗力を確認するため、抗体検査を受けましょう。
2019年4月以降、クーポン券が届きますのでクーポン券に従って抗体検査を受けて下さい。
2019年度は、1972(昭和47)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性に市区町村から無料クーポン券が送付されます。
なお、2019年度にクーポン券が送付されない対象者も市区町村に希望すればクーポン券を発行し、抗体検査を受けられます。

※注意:子どもの頃に風しんに感染したかどうか記憶が曖昧な場合も抗体検査を受けましょう。
・風しんへの抵抗力が無いこと(抗体なし)がわかった場合、
風しんへの抵抗力(免疫)をつけるため、予防接種を受けましょう。

風しんとは
感染者の咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき(飛沫)を吸い込んで感染します。
小児は発熱、発疹、首や耳の後ろのリンパ節が腫れて、数日で治ります。まれに、高熱
や脳炎になって入院することがあります。
成人は高熱・発疹の長期化や関節痛など重症化の可能性があります。

先天性風しん症候群とは

妊娠初期(20週以前)に風しんに感染する
と、赤ちゃんが先天性心疾患・白内障・難聴
を特徴とする先天性風しん症候群をもって
生まれてくる可能性が高くなります。

(厚生労働省のHPからの引用)

 

当院では随時風しんの抗体検査、予防接種が可能です。

該当の方はご確認お願い致します。

 

安佐北区亀崎1-2-30

木ノ原内科小児科医院

糖尿病専門医

認定内科医

木ノ原周平

糖尿病教室 開催

2019.03.08(金)

4月16日、午後1時から当院にて糖尿病教室を開催させていただくことになりました。
テーマは食事療法です。
予約はいりません。
どうぞお気軽にご参加ください。

安佐北区亀崎1-2-30

木ノ原内科小児科医院

糖尿病専門医 木ノ原周平

ホームページを公開しました

2018.10.01(月)

この度、木ノ原内科小児科医院のホームページをリニューアルいたしました。
安佐北区の皆様のかかりつけ医として、今後ともよろしくお願いいたします。